商品カテゴリ一覧 > 壁材 > ペンキ > 水性ペンキの基本的な塗り方

フリース壁紙の基本的な貼り方

まずは下地の壁紙をチェック

当ページでご紹介するのは、
「ビニール壁紙(塩ビクロス)」
の上から貼る方法です。

※一般的な住宅の、
白い壁紙の90%以上が
ビニール壁紙です。

「汚れ防止」「抗菌」「撥水」などの加工が施されている「機能性壁紙」の
上から塗ると、ペンキをはじいてしまい綺麗に塗れない場合があります。

事前に目立たない箇所で、ペンキをはじかないか確認してください。

★簡易的な確認方法として、マスキングテープを貼った際、しっかり付いたらOK。
しっかり付かずに落ちてしまう場合は、機能性壁紙の可能性があります。
(あくまでも目安ですので、詳しくはメーカーにお確かめください。)

▼塗り方を動画で見る▼

必要な道具

道具はホームセンターなどで揃います。
初心者の方には、ペイント用ツールキットがおすすめです。

必要な道具一覧 ペイント初心者におすすめ!ツールキットはこちらから

下準備

スイッチプレートやフック、カーテンレールなど
外せる物は外しておきます。

1. スイッチやコンセントのカバープレートは、手で外すことができます。

 

2. ドライバーでネジを回して、受け側のプレートを取り外します。

 

3. スイッチ部分周辺にはマスキングテープを貼って、ペンキが入らないようにカバー。


壁面を綺麗にして、床面を汚さないようにカバー。

1. 誇りや汚れがあるとペンキの乗りが悪くなります。拭き掃除などで綺麗にして下さい。

 

2. ペンキが付かないように、床面などをカバーするには「マスカー」が便利。
まずは壁面に沿って貼り付けます。

 

3. シート部分を広げて、マスキングテープ等で固定します。

壁にペンキを塗る

1. バケットに必要な分だけペンキを注ぎます。

 

2. 刷毛にペンキをつけて、ポタポタ垂れない程度にネットでペンキを落とします。

 

3. 壁の端や障害物の周りなど、ローラーが入らない細かい部分から塗っていきます。

4. 広い面はローラーの出番。同様にネットを使い、ペンキを適度に染み込ませます。

 

5. ローラーで端からペンキを塗りつけていきます。

 

★POINT★
ローラーを早く動かすとペンキのしぶきが飛んでしまいます。 ゆっくり塗りましょう。

6. 乾かした後、塗りムラが気になる箇所がある場合は二度塗りし、ペイント作業は完了です。

 

7. ペンキを塗り終えたら、【乾く前に】養生テープを剥がします。

 

セルフリノベーションも夢じゃない!
▼ペンキアイテム一覧はこちらから▼

ペンキアイテム一覧はこちらから
現在登録されている商品はありません